山頂にある一之宮




山頂にある一之宮

山が御神体になっている一之宮は少なくない。

例を挙げれば富士山本宮浅間神社、白山比咩神社、二荒山神社、砥鹿神社、大麻比古神社などであるが、これらの神社は 山そのものが御神体となっているため、山頂に奥宮が建立されていて、通常は山麓(里)にある本社に参拝するのが、一般的な形態となっている。

しかしながら、一之宮の中には山頂に本社が建立されているものもある。鳥海山大物忌神社と雄山神社である。もちろん両社ともに山麓に里宮が建立されているのであるが、やはり本来的には山頂にある本社に参拝するのが、筋だろう。 が、何とも悩ましい、誠にもって 実に頭の痛い問題である。

一之宮のトップページへ

日本全国一之宮を巡る旅  

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です