日本の棚田百選の選考委員だった中島峰広先生




先日、日本の棚田百選の選考委員だった中島先生にお逢いするという幸運に恵まれた。

中島先生は棚田の世界の第一人者で絶対的な権威であるのだが、少しも尊大なところがなく、心優しい、実に大きな大きな人だった。

私はこれまでに培ってきた自分の持っている知識や疑問や棚田観のすべてを包み隠さず『ガチ』でぶつけてみたが、一つ一つ丁寧に回答をして下さった。

特に以下の4つの疑問に対する明瞭・明確な回答を得ることができたのは存外の喜びだった。

①なぜ、百選なのに134箇所が選定されたのか。

②なぜ、佐渡島と平戸島から百選の棚田が1つも選ばれなかったのか。

③なぜ、伊根(新井)の千枚田は百選に選ばれなかったのか。

④なぜ、真幸の棚田は百選に選ばれたのか。

いずれにしても、心の底から感動して心酔した。棚田マニア冥利に尽きるものがあった。

棚田のトップページへ

日本全国の棚田を訪ね歩く旅

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です