長江の棚田(日本の棚田百選)




長江の棚田(日本の棚田百選)

起源→近代(明治~ 昭和20年)

規模→3.4㌶・ 90枚

平均勾配→1/8

全景→全景が一望できる?

お薦め度→☆

長江の棚田。日本の棚田百選の一つだが、何の案内も出ていないため探すのに骨が折れた。

長江の集落で詳細な場所を教えていただき、ようやく何とかたどり着くことができたが、集落でお伺いした通り、現在では半分以上が田んぼをやめてしまっていて、往時を偲ぶ由もない状態で百選に選ばれた当時の姿は留めていなかった。

集落からもかなり離れた場所にあるため、わずかに残っている田んぼについても、このままでは遠からず完全に消滅するのではないかと心配になった。

尚、長江の集落の景観を百選の「長江の棚田」としてアップしているサイトやブログなどをよく見掛けるがこれは誤認で間違いである。

いずれにしても、現在の長江の棚田に訪ねる価値があるのかと言われると何とも言い難いものがあるが、地図のリンクもしておくので、万一訪ねようとする方がいらっしゃる場合は参考にしていただければ幸いである。

余談だがここで野生の鹿に遭遇した。

※その後も2度、3度と長江の棚田を訪ねたが、その都度耕作放棄地が増えていた。耕作者の方と直接話す機会にも恵まれたりもしたが…。最後に訪ねたのはいつのことだったか…。今、長江の棚田は一体どうなっているのだろうか?

所在地→愛知県設楽町長江

棚田のトップページへ

日本全国の棚田を訪ね歩く旅

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です