室生寺五重塔




室生寺五重塔

総高  16.18m
建立年  奈良時代~平安時代初期 (781年~805年頃)
文化財指定  国宝
建築様式  和様
構造形式  三間五重塔姿。檜皮葺

塔の歴史

室生寺は比叡山や高野山に先立って建てられた最初の山岳寺院であり、 8世紀末に賢憬が創建したという。

高野山とは違い女人禁制ではなかったため、江戸の頃より「女人高野」と呼ばれるようになった。

五重塔は山岳寺院として自由に伽藍を配置している最初の例で、現存している五重塔の中では最小の塔であり「弘法大師一夜造りの塔」と呼ばれている。

尚、この塔できわめて珍しいのは相輪で、露盤・覆鉢以外は銅板を曲げてつくられ、宝珠・竜車・水煙の代わりに宝瓶に宝蓋を冠すという他に例をみない独特なものである。

また、この塔は明治32年に半解体修理が行われ、昭和27年、昭和53年には屋根の葺替え工事が行われた。

平成10年には台風で倒壊した巨木の1つにより四~五層が破損したが、 平成12年に修復され、再び美しい姿を取り戻した。

塔の動画

私の感想・コメント

本堂の脇を抜けると奥ノ院へと続く登り階段があり、五重塔はその階段を登り切った場所に建っている。

この階段から見上げる塔の姿はこの室生寺の代名詞ともなっており、その姿は言葉ではとても言い尽くせないほどで、本当に素晴らしく、また本当に美しい。

私は、一段、また一段と歩を進める度に違った姿となる五重塔の姿を心行くまで堪能したものである。

逆にいうと塔そのものは誤解を怖れずにいえばどちらかというと不恰好であり、他のアングルから観るこの塔の姿と階段から見上げる塔の姿とのギャップにこれが本当に同じ塔なのだろうかと思わずにはいられなかったほどである。

しかしながら、この室生寺の五重塔は階段から見上げる塔の姿が見られればそれで 十分である。

私はこの室生寺の五重塔を見た瞬間に時間が止まり、息を飲んだ。そして、その後しばらくは完全に魅入ってしまったほどである。

上手く表現することができないが、後光が射すというよりも、さながら五重塔自身が光を解き放っているかのように感じられた。

この塔は現存する五重塔の中で最も小さい五重塔であるが、それに反して圧倒的な存在感があり、ただただ魅了されるばかりであり、五重塔巡りをしていて 本当に良かったと心の底から思えた。

それにしても不思議なのは、この塔を建てた時に、最初から「この階段から見上げる際のアングル」を意識して建てたのか、はたまたそんなことはまったく意識することもなく建てられたものだったのだろうか?今となっては知るよしもないが…。

所在地→奈良県宇陀市室生78

五重塔・三重塔のトップページへ

日本全国の五重塔・三重塔を巡る旅

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です