『五重塔・三重塔・八角三重塔』が勢揃いしている「長禅寺」




『五重塔・三重塔・八角三重塔』が勢揃いしている「長禅寺」

日本広しといえども、複数の仏塔が存在しているお寺は『五重塔と三重塔の二つの塔がある興福寺』と『東塔と西塔が現存している當麻寺』の2箇所のみです。

興福寺の五重塔と三重塔

當麻寺の東塔と西塔

しかしながら、近世に造られた塔であるとは言え、五重塔・三重塔・八角三重塔と日本の仏塔が勢揃いしているお寺が山梨県の甲府市にあります。

そのお寺とは「甲府五山の筆頭にあげられる」名刹で、武田信玄の母・大井夫人の菩提寺でもある「長禅寺」です。

境内に入るとすぐに!何と!三重塔と五重塔が並び立っている景観が目に入ってきます!

これはなかなかの絶景ですね!

さらにそれだけではありません!武田信玄の母である大井夫人のお墓の参詣道からは何と!「八角三重塔」を観ることができます!

どうやらこの八角三重塔は長野県の安楽寺の八角三重塔を模して造られているようです。

ではもう一度三重塔を観てみましょう!

最後に五重塔を観てみましょう!

いかがでしたか?近世塔なので、歴史的・文化的価値はありませんが、五重塔・三重塔・八角三重塔と日本の仏塔が勢揃いしている様は圧巻です。皆さんも甲府に行かれる際があったら、是非足を伸ばして長禅寺も訪ねてみてはいかがでしょうか。

所在地→山梨県甲府市愛宕町208

五重塔・三重塔のトップページへ

日本全国の五重塔・三重塔を巡る旅

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です