常布の滝




常布の滝(日本の滝百選)

所在地→群馬県吾妻郡草津町草津

滝へのアクセス→車を停めてから40分程度で到着。

滝との密着度→滝壺まで行ける

滝を見た時の感激度→☆☆☆☆☆

常布の滝。日本の滝百選の一つ。草津温泉で有名な群馬県の草津町にある滝であるが、現地の人にさえ、その存在をほとんど知られていないという日本の滝百選の中でも屈指の秘瀑にして奇瀑である。

この常布の滝は「元々は」滝へと至る道などない本当の秘瀑だったが、滝百選に選ばれたためか一度は滝へと至る道が整備された。

しかしながら、現在では崩落箇所が無数にあり、荒れ果ててしまった上に、藪の中に埋もれてしまっているので、今となっては一般の人が常布の滝へと行くのは不可能に近い状態になっている。(とはいえ、道が整備されていた時でさえ、決して楽な行程ではなかったのだが…。)

ちなみにこの常布の滝は「滝そのもの」は落差40mの直瀑でこれと言った特徴はない。

が、特筆すべき点は滝が流れ落ちている背後の茶褐色に染め上げられた岩壁にある。

この行く手を遮るようにそびえ立つ岩壁が茶褐色に染め上げられている空間は、とてもこの世のものとは思えない不気味で異様・異質な身の毛もよだつような空間となっている。

尚、私はこの常布の滝を3回訪ねている。

1度目と2度目はこの背後の岩壁も含めて滝壺周辺は完全に日の光りが射している景観を観ることが出来た。このこと(日の光り)により、茶褐色の岩壁はより一層あやしく艶やかな景観となり、滝に虹がかかる姿を観ることもできた。

しかしながら、この常布の滝を取りまく空間が『とてもこの世のものとは思えない不気味で異様・異質な身の毛もよだつおどろおどろしい空間』であるかのように感じるのは「日が射してない時」である。

もしこれから常布の滝壺を目指す方がいるのであれば、是非、『日が射している時』と『日が射してない時』の「2つの常布の滝」を目にしてほしい。

四季折々の滝を巡る旅のトップページへ

四季折々の滝を巡る旅  

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です