エメラルドグリーンの湖上に浮かぶ!幻想的な『奥大井湖上駅』




エメラルドグリーンの湖上に浮かぶ!幻想的な『奥大井湖上駅』

奥大井湖上駅は静岡県川根本町にある南アルプスあぷとライン(大井川鐵道井川線)の駅である。

この駅は長島ダムの建設によって誕生した接岨湖のちょうど中間付近で「半島のように突き出ている部分」の先端部にある。

駅の前後は湖の上にレインボーブリッジと呼ばれる鉄橋が架かっていて、この駅を通る列車はその鉄橋の上を走るなど、その名の通り、上から見下ろすと『まるで湖に浮かんでいるかのように見える絶景の駅』である。

尚、この駅を訪ねるためには「列車に乗って訪ねる方法」と「車で訪ねる方法」のいずれかとなる。

ちなみにこの駅の代名詞ともなった『まるで湖上に浮かんでいるかのような絶景』は駅よりもはるか上空を走る県道388号線の『湖上入口』のバス停からすぐの所にある『レインボーブリッジ展望所』よりの眺望である。

実は『駅と展望所』はレインボーブリッジの横に通路が設置されているので歩いて行き来できるのだが、高低差がかなりある上に、それなりの距離もあるので、この奥大井湖上駅を訪ねる際に列車で訪ねるのか、車で訪ねるのか、どちらにするのかはとても頭の痛い問題である。

奥大井湖上駅から見上げた「レインボーブリッジ展望所」

それでは「レインボーブリッジ展望台」から湖上遊歩道を歩いて「奥大井湖上駅」まで行ってみましょう!

うわぁ~。いきなりこんなところを降りて行かなきゃいけないのか。。。

とにかくひたすら降る一方。。。今度は階段を降りてゆく。。。

ようやく、湖面とレインボーブリッジが見えてきた!

このレインボーブリッジを進んでいけば奥大井湖上駅へと行くことができる!

えっ?でも・・・まさか「この線路の上」を歩いて行くわけじゃないよなぁ・・・

ご安心を!線路の横にフェンスで区切られた通路が設置されているので、そちらを進めば何の問題もなし♪

でも「高いところが苦手な人」にはやっぱり無理かも。。。

奥大井湖上駅はレインボーブリッジを渡り切った先にある!

レインボーブリッジから真っ直ぐにホーム行くことはできないため、回り込むような形で駅へと向かう!

ようやく奥大井湖上駅へと到着!

ちなみにこの奥大井湖上駅は「中部の駅百選」にも選ばれているらしい。

せっかくここまで降りて来たので、奥大井湖上駅を隅々まで散策してみた。

湖の対岸には大井川鉄道の旧線がある。

これは廃線マニアにはたまらない!

さて、ここまで降りてきたからには、帰りは「今来た道」を「あそこまで」登り返さねばならない。。。

最後にもう一度「レインボーブリッジ展望台」より。。。お疲れ様でした。

所在地→静岡県川根本町梅地

青・エメラルドグリーンの世界のトップページへ

青・エメラルドグリーンの世界

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です