男鹿大滝(大瀑)




男鹿大滝(大瀑)

所在地→秋田県男鹿市北浦西水口大滝沢

滝へのアクセス→車を停めてから11分で到着。

滝との密着度→滝壷、滝裏まで行ける。

滝を見た時の感激度→☆☆☆☆

大滝(大瀑)。落差は10m程度だが日本国内でも数例しかない滝が岩盤に空いた穴を経由して落ちてくる穴滝の一つ。

しかもこの滝はその様子を裏から見ることもできる穴滝+裏見の滝という奇跡的な滝好き必見の滝である。

この滝へのルートは特に難しいコースではないが、滝壺に行くまでに9回渡渉する必要がある。

 

尚、男鹿半島には大滝という名前の滝が2つあり、区別するためにこの滝は男鹿大滝と呼ばれている。(ちなみに、もう一つの大滝は「門前地区」にあるため、門前大滝と呼ばれている)

四季折々の滝を巡る旅のトップページへ

四季折々の滝を巡る旅  

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です