龍門の滝




龍門の滝

所在地→栃木県那須烏山市滝414

滝へのアクセス→車を停めてから2分程度で到着。

滝との密着度→滝壷まで行ける。

滝を見た時の感激度→☆☆☆

龍門の滝。この滝は落差20m、幅65mと落差よりも幅の方が広いワイド感のある滝で、近付くと視覚に収まりきらなくなるほどである。

その川幅いっぱいに滝の水が怒濤のごとく流れ落ちてくる姿はとても迫力があり見るものを圧倒する。

(但し、この滝は水量の増減が激しい滝なので常時これだけの水量があるわけではないので要注意)

また、極めて容易に滝壺・滝直下にも行ける滝でもあり、水量に恵まれた時の滝直下の景観は滝マニア冥利に尽きるものがある。

しかしながら、周辺環境はこれ以上ないくらいに破壊し尽くされていて、水質もお世辞にもきれいとは言えないのは残念でならないが、滝に罪があるわけではない。

ちなみにこの龍門の滝は那須烏山市にある滝で、烏山線のその名も『滝』駅から歩いて5分くらいのところにある滝である。(ちなみに地名も那須烏山市「滝」である)

実はこの龍門の滝の上には車道があり、さらにその上には烏山線の線路がある。

つまり烏山線の電車が通過する際には龍門の滝と列車を観ることができるという極めてレアなスポットでもあるのである。

さらに桜が咲く季節は「滝と桜と列車」を観ることができる超レアスポットとなるので、この時期は必見である。

四季折々の滝を巡る旅のトップページへ

四季折々の滝を巡る旅  

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です