私が即身仏巡りを始めたきっかけ




私は最初から即身仏に興味があり、即身仏巡りを始めたわけではありません。もともと即身仏のことはその存在は知っていても、特に興味も関心もなかったというのが本当のところです。ではなぜそんな私が即身仏巡りを始めたのかをここでは回想しています。

実は私が初めて即身仏の拝観をしたのは、まったくの偶然の産物でした。あの日、兼ねてより興味を持っていて、いつか訪ねてみたいと熱望していた修験道の聖地、出羽三山の湯殿山に参拝した私は、休憩所で真如海上人が祀られている大日坊のことを知り、その足で大日坊を訪ねてみることにしました。そして、大日坊でもらった「即身仏(ミイラ)一覧表」を見て、更にすぐ近くにも即身仏を祀っているお寺があることを知った私は、立て続けに注連寺(鉄門海上人)、本明寺(本明海上人)と訪問をしました。

しかし・・・即身仏のあるお寺を訪問したせいで、羽黒山に着いて五重塔を見ていたら、すぐに日が暮れてしまいました・・・。本来、あの日の本当の目的は修験道の聖地、出羽三山の湯殿山と羽黒山だっだはずでしたが、寄り道をしてしまったために当初の目的を完全に果たすことができませんでした。

しかも「即身仏(ミイラ)一覧表」なんてものをもらってしまったために、好奇心が疼いてしまい、それから即身仏巡りの旅を始めてしまったというのが、ことのきっかけです。

しかしながら、思い起こせば出羽三山や修験道には興味があっても即身仏には興味がなかったはずの私。また神社仏閣には興味があっても神仏を敬う気持ちなどさらさら持ち合わせていないこの私・・・。そんな私がこの日を境に何かに取り憑かれたように即身仏巡りを始めたということは、やはり何かの縁というか、神仏のお導きがあったということなのでしょうか?

まったくもって世にも奇妙な物語ですが、残念ながら事件は迷宮入りをしてしまい、未だにことの真相は闇の中としかいいようがありません。

即身仏のトップページへ

日本の即身仏・ミイラを巡る旅

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です