即身仏・ミイラとは?




ミイラについては世界的にも有名なエジプトのミイラを始めとして世界各地に現存しており、その存在も広く知られています。しかしながら、我が国に十数体現存している即身仏については、その存在はおろか、即身仏いう言葉すらほとんど知られていません。では、そもそも即身仏とは何なのか?即身仏とミイラは一体何が違うのか?ここではそうした疑問点を考察し、併せてこのサイトにおける即身仏・ミイラの定義についても定めています。

「即身仏って何?」と聞かれると、根がいい加減な私は「簡単にいえばミイラのことだよ」 と答えることが多いのですが、本質的には「即身仏もミイラも元は生きていた人間だった」というその一点を除けば、実はまったく別なものであるといえます。 
 
もう少し詳しく説明をすると自力でその姿になったものが即身仏であり、その反対に他力(人工的)または偶然(自然)にその姿になったものがミイラであると分類することができます。
 
つまり厳しい修行の末に悟りを開き、衆生救済のために即身成仏して今の姿になったものが即身仏であり、他力(人工的)あるいは偶然(自然)に今の姿になったミイラと即身仏を同列にして取り扱ったり、即身仏をミイラと呼ぶ行為は即身仏に対して大変失礼なことであるというわけである。
 
実際に即身仏が祀られているお寺では、ミイラといった言葉やミイラを見にきたなどとオカルト的な怖いものみたさや、好奇心で見にきたなどといってしまうと気分を害され、門前払いをされることもあるという。つまり即身仏はそれだけ特別な存在であるということだ。
 
しかし、実際にはいくら本人が即身仏になることを志願したとしても信者や弟子達が即身仏として祀ってくれなければ、即身仏になることができないわけであり、それには人手も金も掛かる。また遺体の腐敗防止作業をしたことが伝承されているケースも多い。そういう意味では他人の力を借りずに即身仏になるということは本来あり得ない。
 
しかしながら、このサイトではあまり難しく考えず、厳しい修行の末に今の姿になったものを即身仏、それ以外のケースをミイラと呼ぶこととします。

即身仏のトップページへ

日本の即身仏・ミイラを巡る旅

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です