浦添ようどれ




浦添ようどれは琉球王国初期の王陵である。咸淳年間(1265~1274年)に英祖王が築いたといわれていて、その後、1620年には浦添出身の尚寧王が改修し、尚寧王自身もここに葬られている。向かって右側が英祖王、左側が尚寧王の墓といわれている。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です