汝や知る 都は野辺の 夕雲雀 上がるを見ても 落つる涙は




汝(なれ)や知る

都は野辺の 夕雲雀(ひばり)

上がるを見ても 落つる涙は

出典:応仁記

作者:飯尾彦六左衛門尉常房

意訳:
お前は知っているだろうか。都はこの大乱で無残にもすっかり焼け野原となってしまった。そんな荒れ果てた都の夕空にお前(ひばり)が舞い上がる姿を見ているだけでも、落ちてしまうこの涙のことを。

解説:
「応仁記」の有名な一節で、飯尾彦六左衛門が応仁の乱で荒れ果てた都を嘆いて詠んだ歌。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です