なにごとの おはしますかは 知らねども かたじけなさに 涙こぼるる




なにごとの おはしますかは 知らねども

かたじけなさに 涙こぼるる

作者 : 西行

意訳:
ここにどのような神がいらっしゃるのかは存じ上げないが、身にしみるようなありがたさがこみ上げてきて、思わず涙がこぼれてしまった。

解説:
西行が伊勢神宮に参詣した際に詠んだとされる歌。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です