鍋ヶ滝




鍋ヶ滝

所在地→熊本県小国町黒渕下滴水

滝へのアクセス→車を停めてから5分程度で到着。

滝との密着度→滝壷・滝裏まで行ける。

滝を見た時の感激度→☆☆☆☆☆

鍋ヶ滝。滝が落ちている岩盤が深く大きくえぐられていて、軽く4~50人は入れそうなスペースがある。

このため滝を裏側からじっくりと眺めることができる。

というよりも、この滝に限っていえば滝を裏側から鑑賞するのがスタンダードであるといえる。

下手な百選よりも格段にいい滝で、滝の周囲は清涼感で満ち溢れている。

通常、滝はどんなに頑張っても180度の角度からしか観ることができないが、この滝は滝裏に入ることができるため、滝を360度すべての角度から観ることができる。

また、この滝は幅が20mあり、滝が落ちる姿は滝のカーテンとでもいうような景観になっていて、特に滝の裏側からカーテン越しに観る景観はこの滝ならではのもので感動的なものがある。

この滝はその場を立ち去るのを本当に何度も躊躇するほど良い滝であり、滝好き必見の滝の一つといえる。

しかしながら…

かつては『知る人ぞ知る』といった無名に近い滝で足元も悪く、訪ねる人もごく稀で、他の人と遭遇することは皆無に等しかったのだが、今では完全に整備されてしまい、日本で一番知名度のある『裏見の滝』として滝好き・滝マニアのみならず、一般の方にも知れ渡り、すっかり有名な滝となって、観光客が大挙して訪ねる滝となってしまったのがとても悲しい。

四季折々の滝を巡る旅のトップページへ

四季折々の滝を巡る旅  

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です