おっぱい岩




おっぱい岩

おっぱい岩は苓北町(坂瀬川西川内漁港横)の国道324号線沿いの浜辺にあり、その名の通り、女性の乳房にそっくりな形をしている直径1.5mほどの茶色の岩で、半球状の岩の中央部には見事な乳首まで付いている。

まさにどこからどうみても『おっぱい』そのもので、これこそ大自然が作り上げた最高傑作の芸術作品ではないかと感動を禁じ得ない。

伝承によればこのおっぱい岩は『雲仙岳の噴火の時に飛んできた岩が長い年月をかけて海水の力によって形取られたと思われる変形岩である』とのことである。(以前の看板ではそのように説明されていた)

しかしながら、最近できた現地の看板によると、このおっぱい岩は『実はもともと地層の中にあったもので、周囲の岩石よりも硬く、強く、しかも大きかったため、海岸に残された』とのことである。

さらに『この岩がどのようにしてつくられたのか解明されていないが、当時の海底でメタンを含む水の通る場所に細菌が作り出したと推測されます』と、よく意味がわからない説明がされている。

尚、おっぱい岩は海岸から約50mの沖にあり、満潮時には海の中に沈むため、干潮時にしか姿を現さない。

このため、干潮時の前後にしか近付くことができないので見学の際には潮汐表を確認した上で訪ねないと泣きを見ることにもなりかねないので要注意である。

ちなみに噂によると、このおっぱい岩を直に触ると『母乳がたくさん出るようになる』とか『胸が大きくなる』などの御利益があると言われているそうである。

それではお待たせしました!岩の中央部にある突起物をじっくりと観察をしてみましょう!

こうなったら、もう我慢ならん!このおっぱい岩の突起物を直に味わってみたいというのが男心である。。。

所在地→熊本県苓北町坂瀬川

ネット秘宝館・日本全国のエロパワースポットのトップページへ

日本全国の「何か」に「そっくりな『奇岩』特集」

それではあとはお時間の許す限りごゆっくりおっぱい岩をご覧下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です