汐吹岩(伊東八景の一つ)




汐吹岩

汐吹岩は伊東八景の一つで伊東港から川奈港へ向かう途中の「汐吹海岸」にあり、満潮時の前後には岩壁から汐が勢いよくものの見事に吹かれる様子を見ることができるスポットである。

この汐吹岩に行くためには汐吹海岸の無料駐車場に車を止め、距離は大したことはないものの、思いのほかに急な坂道を海岸まで降りていき、そのままコンクリートで整備されている遊歩道を1分ほど進んでいく必要がある。

そしてその遊歩道の行き止まりがお待ちかね&お目当ての汐吹岩を望む展望地である。

問題の汐吹岩はこの『汐吹展望地』から7~8mくらい先のところにある。

一見すると何も特別なことはない、ありきたりな海岸線の岩壁の風景に思えるのだが、実はよく見てみると、その岩壁の下には空洞ができていて、目を凝らして見ると岩の裂け目があり、パックリと口が開いているのがわかる。

そして、満潮時の前後には、そのお口に波が押し寄せ、一気に口の中に注ぎ込むことにより、岩壁の下にある空洞の空気が圧迫されていき、やがてお口(岩の裂け目)から無理やり出ようとして、バーンという爆発音とともに思いっきり潮が吹き上げるというのが汐吹岩のメカニズムらしい。

と、うんちくが長くなったが、汐吹岩から勢いよく豪快に潮が吹くその姿は一見の価値がある。

さらに私が訪ねた時には、その吹き上げた潮と太陽光線により海に一筋の虹が掛かるという神々しい奇跡も見ることができた。

ネット秘宝館・日本全国のエロパワースポットのトップページへ

日本全国の「何か」に「そっくりな『奇岩』特集」

あ~もう、汐吹がどーにも止まらない・・・

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です