鉄砲伝来時の種子島の島主・種子島時尭の墓(御坊墓)




鉄砲伝来時の種子島の島主・種子島時尭の墓(御坊墓)

鉄砲伝来時の種子島の島主・種子島時尭の墓。時尭は天文12(1543)年に種子島南端に漂着したポルトガル人より鉄砲2丁を購入し、その操法と製法を家臣に研究させ、初の国産銃製造に成功したといわれている。

鉄砲という新鋭の武器は、わが国における戦法を一変し、未曽有の混乱の時代だった戦国時代を終息へと向かわせる結果となった。

まさに時尭は日本の歴史を大きく変えた日本史上に残る人物の一人であるといえる。

尚、時尭の墓は御拝塔墓地にもある。

所在地→鹿児島県西之表市西之表

関連記事

鉄砲伝来時の種子島の島主・種子島時尭の墓(御拝塔墓地)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です