今の「君が代」の前に、もう1つの『幻の君が代』があった!




今の「君が代」の前に、もう1つの『幻の君が代』があった!

明治初期にわずか数年で使命を終えた『幻の初代・君が代』があったとのことなので、早速レポートをしてみたいと思います。

問題の?『幻の初代・君が代』は、イギリス人のフェントンが作曲した、今とはまったく異なるメロディーのものだったそうです。

ではそもそもどういった経緯で国歌・君が代は誕生したのでしょうか?

外国の艦船などが入港した際に友好国との間で行われる儀礼式では必ず国旗が掲揚され、国家を演奏するのが慣わしですが、幕末から明治初年にかけての日本にはまだ国旗・国歌はありませんでした。

他藩にさきがけて外国との交流を手掛けてきた薩摩藩では特にその必要性を感じていました。

そんな薩摩藩では明治2(1869)年に日本最初の軍楽隊を組織し、伝習生30名を横浜に派遣して、英国軍楽隊長ジョン・ウィリアム・フェントンのもとで学ばせました。

この薩摩藩洋楽伝習生が寄宿舎として毎日を過ごし吹奏楽の練習に励んだのが妙香寺です。

こうして妙香寺に寄宿した薩摩藩士が日本第一号の吹奏楽隊となったことで妙香寺は「日本吹奏楽発祥の地」となりました。

また、ある日フェントンが伝習生に「日本に国歌はないのか」と国歌の必要性を説き「歌詞があれば作曲しよう」と問いかけたのがきっかけとなり、砲兵隊長大山巌(後の大山元帥)らが中心になって、君が代を歌詞として選び、フェントンが作曲したのが初代「君が代」です。

それではフェントンが作曲した幻の初代・君が代を聴いてみましょう!

しかしながら、フェントンの作曲した初代「君が代」は歌詞と洋風メロディーとの違和感が各所から指摘され、明治13(1880)年に楽曲の改訂があり、現在の国歌「君が代」へと到っています。

関連記事

国歌・君が代の原歌

『君が代発祥の地!』『日の丸』という地に鎮座する「大宮神社」

日の丸発祥の地&近代造船発祥の地

国歌「君が代発祥の地」である「横浜」の『妙香寺』

「日本最古の日の丸!」武田家の家宝である『日の丸の御旗』

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です