全村人惨殺で廃村となり地図から抹消された青森県の『杉沢村』




全村人惨殺で廃村となり地図から消された青森県の呪われた『杉沢村』

ネット黎明期の1990年代にインターネットでまことしやかに語られていたものに『青森県の杉沢村の伝説』がある。

その伝説によれば、杉沢村は昔『村人の一人が全村民を殺して自殺するという大量殺人があり、呪われた村として行政によって地図から消され、県の公式文書からも抹消された幻の村』ということで一時ネットをかなり賑やかしていた。

杉沢村についての噂としては

・場所は青森県の山間部

・村へと続く道中には『ここから先へ立ち入る者 命の保証はない』と書かれた看板が立っている。

・村は廃墟となっているが住居などはそのままで事件の惨劇を物語る血痕があちらこちらに残っている。

・この場所自体が呪われていて、一度足を踏み入れた者は二度と戻ることはできない。

等々である。

そうはいっても、杉沢村なんていうものは現実には存在してなく、今でいうところのいわゆる都市伝説であるが、その杉沢村のモデルになったところを見付けたので訪ねてみた。

以下は杉沢村に現在でも残されているとされているものである。確かに、それぞれ、符合する物があった。

・村の入口には古ぼけた朽ちた鳥居がある。

・その鳥居の下にドクロのような石が置かれている。

・奥へ進んでゆくと廃墟と化したかつての住居がある。

「廃屋が今も現存し、家の中は血のしぶきの跡が残り、当時の惨劇を今に伝えている」とされていた「赤い屋根の家」。

~動画~

尚、日中に訪ねてみたところ、拍子抜けするくらいに何も怖くなかったが、そっか!夜訪ねないとダメなのか!と思い、真っ暗になってから再度訪問。

ぶっちゃけ、マジで気味悪かった…。日中はバカにしてすいませんでした。

ということで、この杉沢村伝説のモデルとなった場所を訪ねるなら日中に下見をした上で、日が暮れて真っ暗になってから再度訪ねた方がいいと思いますが、夜は本当に真っ暗闇になるので、冗談抜きでマジで半端なく怖いです。

所在地→青森県青森市小畑沢小杉

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です