恥ずかしくて声に出して読むことができない『漫湖』とは?




恥ずかしくて声に出して読むことができない『漫湖』とは?

沖縄県には沖縄県民以外には恥ずかしくてとても直視できず、声に出して読むことができない『漫湖』という湖があるとの噂を聞き付けましたので、早速レポートをしてみたいと思います!

漫湖とは?

漫湖は沖縄本島の南部、那覇市を流れる国場川と豊見城市を流れる饒波川の合流地点に形成された河口干潟である。漫湖という名前には『湖』という文字が入っているが湖ではなく、河口にできた干潟で、海から3km程度内陸にあるが、海と同じように潮の満ち引きがあり満潮になると海の水が漫湖に入ってきて、漫湖のほとんどの部分が水の中に沈み、一方、干潮になると最大で47haほどの泥の干潟が出現する。

漫湖は、全国的にも有名なシギ・チドリ類の重要な渡来地として、また、多くの水鳥等の生息地として重要であるという理由から、平成11(1999)年に全国で11番目のラムサール条約の登録湿地に登録されたという。

漫湖は海・川・陸が接する場所で、水域・泥干潟・マングローブ林・ヨシ原という異なった環境が、比較的狭い範囲に隣り合って分布していて、シギ・チドリ類や絶滅の危惧されるクロツラヘラサギなど、数多くの渡り鳥が集まる国内有数の飛来地でもあります。

鳥類は101種の水鳥を含むおよそ200種がこれまでに観察されているといい、このような鳥たちの餌となるカニや貝、ゴカイなどの底生生物も豊富で泥の中には、オキシジミや日本では漫湖でしか確認されていないモモイロサギガイなどが生息しているという。

今ではラムサール条約に登録された『漫湖』ですが以前は『とっても汚れていた』ようです。

漫湖には「国場川水系」に属する2つの河川「国場川」と「饒波川」が流れ込みます。かつて、国場川は水の汚れが全国ワースト4に入るほど汚れた川でした。
昔、とても汚れていた時があり、毎日ラジオで「漫湖をきれいにしましょう。」と言っていたらしい。

『漫湖の保全と再生!』

ラムサール条約への登録は漫湖の自然環境の重要性が注目を集めるきっかけになり、市民の間でも漫湖の環境保全に対する関心は高まりました。ラムサール条約に登録された1999年には「ラムサール条約ワークショップ」や「漫湖環境フォーラム」が開催され、登録直前の1999年4月末に開催された「漫湖大清掃」では500人近くもの市民が参加しました。その後、地域や市民団体などからなる「漫湖自然環境保全連絡協議会」が設立(1999年7月)、そして漫湖水鳥・湿地センターが開所(2003年5月)し、ラムサール条約の目的である保全や賢明な利用への理解を深めていくための活動が行われています。

そんな漫湖では毎年「漫湖絵画・作文コンクール(現・漫湖みんなでミュージアム)」が開催されているようです!

第1回漫湖絵画コンクールの受賞作品!

出典:漫湖コンクール

「漫湖大好き大賞」→すてきなまんこ、他

「審査員特別賞」→まんこってたのしいな、まんこであそんだよ、まんこはたのしいな、まんこで遊ぶ、まんこがきれいになったら、きれいなまんこ、他

子供たちの漫湖を想う「純粋」な気持ちには心が洗われるものがあります!

出典:漫湖絵画作文コンクールの歴史

「ユニーク賞」→だいすきなまん湖、まんこの様子、美しき漫湖、他

「優秀賞」→まんこについて調べたこと、他

「優良賞」→大好きなまんこ、まんこのどろんこ、漫湖をきれいに、他

今まさに「つなげよう つながってる 漫湖と私たち」なのである。

地域が一丸となって漫湖をキレイにしようとしている様子は「最近忘れかけているとても大切な何か」を思い起こされてくれて、とても新鮮でさわやかな感動を覚えますね!

最後に漫湖の伝説!

沖縄男児は漫湖で写生大会をしてはじめて大人になる。
そういえば、以前に県外の友人がラジオ放送で
「程よく湿った漫湖を鑑賞しながら父子で写生大会が繰り広げられました」
と流れてきて、とても驚いたと話していたことがあった。
台風時に「漫湖から水があふれる」

出典:★こんな面白看板はいかが~っ!?

私も漫湖がきれいになることを『切に』『切に』祈ります!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です