​なぜ棚田巡りに目覚めるのが遅かったのか?




なぜ棚田巡りに目覚めるのが遅かったのか?

さて、私がどのようにして棚田と出合い、以後、どのように棚田百選との出合い重ねていったのかという経過については『棚田(百選)との出合い』で紹介をさせていただきましたが、最初の内に出合った四谷千枚田、広内・上原地区の棚田、丸山千枚田は今にして考えても5点満点の棚田です。

しかしながら棚田に興味を持ち始めた当初に立て続けにこれだけ素晴らしい棚田と遭遇し続けたにも関わらず、私は棚田巡りに目覚めることはありませんでした。

その理由はハッキリしています。

それは当時、棚田以上に興味を持っていたものが他にもたくさんあったこと、このためか棚田百選というものを強く意識することがなかったこと、そしてこれが最大の理由ですが、棚田百選としては5番目に訪ねた『荒原の棚田』との出合い方があまりにも悪かったということに尽きます。

当時、棚田を展望するためのベストポジションの探し方などもよくわからなかった私は規模も小さい荒原の棚田を一目見て、正直に言って『ショボい!こんなのが百選なのかよ!』『百選って言っても四谷千枚田や丸山千枚田みたいなのは例外的で、きっとほとんどはこの棚田のようにわざわざ見に行ってもガッカリさせられるものが圧倒的に多いに違いない』と思い込んでしまったため、結果的に棚田巡りに目覚めるのにかなりの時間を要することになってしまいました。

※その後、荒原の棚田を何年後かに再訪問しました。

棚田の見方が何もわからなかった当時と違い、目も肥えてきたので、この棚田の魅力をしっかりと発見することができました。

棚田のトップページへ

日本全国の棚田を訪ね歩く旅

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です