ふすまの中の 我もはづかし




さむからし 民のわらやを 思ふには

ふすまの中の 我もはづかし

作者 : 光厳天皇

意訳 :
風が入り込んで寒々しい民の家を思うと、ふすまに囲まれた中にいる私は恥ずかしい気持ちである。

解説 :
光厳天皇は南北朝時代の北朝の第一代天皇。明治44年に南朝が正統とされたため、歴代天皇から除外された。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です