水面に「富士山」が映し出される絶景!『逆さ富士』とは?




逆さ富士(山中湖、河口湖、西湖、精進湖、本栖湖、芦ノ湖、田貫湖)の写真を撮りたい!見てみたい!

「逆さ富士とは」

逆さ富士とは湖面などの水面にまるで鏡に映したかのように「富士山が上下反転した形」で逆さまに映り出された情景である。

上下に二つの富士山を目にすることができる「その情景」は息を飲むほどに美しく、この世のものとは思えないほどに幻想的で神秘的な景観である。

「逆さ富士が見られるところ」

山梨県の富士五湖(山中湖、河口湖、西湖、精進湖、本栖湖)では条件が揃えば、すべての湖で「逆さ富士」を見ることができる。

また静岡県富士宮市にある田貫湖も「逆さ富士」が見られることで有名である。

さらに神奈川県の箱根町にある芦ノ湖でも逆さ富士を見ることができる。

他にも忍野八海や水が張られた田んぼなど、条件が整えば逆さ富士が見れるところは多数あるが、やはり『逆さ富士』の王道は富士五湖(山中湖、河口湖、西湖、精進湖、本栖湖)と田貫湖である。

「逆さ富士」を見るための条件

逆さ富士を見るための条件はいくつかある。まず大前提として、

①晴れていて富士山がきれいにはっきりと見えていること。

②風がなく、湖面に波が立ってないこと。

が絶対条件となる。

さらに空気が澄んでいて淀んでないことも大事で、気温が低い方が見えやすいので、冬の時期の早朝が一番の狙い目となる。(冬の方が雪があって美しさが際立つことも見逃せない)

「逆さ富士」の写真

山中湖の逆さ富士

精進湖の逆さ富士

西湖の逆さ富士

田貫湖の逆さ富士

芦ノ湖の逆さ富士

富士山本宮浅間大社(一の鳥居)の逆さ富士

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です