五稜郭だけじゃない!函館にある『四稜郭』を訪ねてみた!




五稜郭だけじゃない!函館にある四稜郭を訪ねてみた!

函館といえば誰もが思い浮かべる観光スポットの一つとして五稜郭があります。

そんな五稜郭に比べるとまったく知名度がありませんが、実は函館市の郊外には四稜郭というものがあるとの噂を聞き付けましたので訪ねてみました!

四稜郭は明治2(1869)年4月に五稜郭にたてこもる旧幕府脱走軍が新政府軍の攻撃に備えて、五稜郭の背後を固めるために、その北方約3キロの緩斜面台地に洋式の台場を築いたものであるとのことです。

四稜郭に向かう道中の看板です。半信半疑でしたが、やはり四稜郭は確かに実在しているようです。

バス停の名前も四稜郭です!

それでは実際に四稜郭を訪ねてみましょう。

まずは現地の看板を見てみます!五稜郭がその名の通り、星形に5つの稜堡があるように、四稜郭もその名の通り、四隅に4つの稜堡が作られていて蝶が羽を広げたような形状をしているようです。

そしてここが四稜郭の正面入口となります。

四稜郭の中に入ってみましょう!

四稜郭の中に入ってみると周囲に土塁と空濠がめぐらされていることがわかります。

また、郭内には四隅に砲座が設けられています。

この四稜郭は地元の言い伝えによると、旧幕府脱走軍は士卒約200名と付近の村民約100名を動員して、昼夜兼行で数日のうちに完成させたといわれています。

急造だったため建物は造られなかったとのことです。

その後、築造間もない明治2(1869)年5月11日に新政府軍が函館総攻撃を開始すると四稜郭は同日早朝に新政府軍の攻撃を受け、わずか数時間であっけなく陥落してしまったそうです。

それでは最後に動画を見てみましょう!

いかがでしたか?函館といえば真っ先に五稜郭を思い浮かべる方も多いと思いますが、五稜郭の背後を固めるために築かれたという四稜郭にも是非足を伸ばして併せて訪ねてみてはいかがでしょうか?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です