大川の滝(日本の滝百選)




大川の滝(日本の滝百選)

所在地→鹿児島県屋久島町栗生

滝へのアクセス→車を停めてから1分で到着。

滝との密着度→滝壷まで行ける。

滝を見た時の感激度→☆☆☆☆☆

大川の滝。日本の滝百選の一つ。

目の前にそびえ立つ幅も高さも100m以上はあろうかという「岩肌がむき出しになっていて」「圧迫感が凄まじい」「実に巨大な岩盤」に何筋にも分かれて落ちる滝である。

その姿は迫力満点で、ただただ魅入ってしまう滝である。

何しろ滝も岩盤も『とにかく圧倒的にデカい!!!』のである。

私的には日本の滝の中で体感的に一番大きいと思えたのがこの大川の滝である。

滝はとてつもなく高いところから落ちてくるように思える。やはり高度感も半端ない。

しかもこれだけの大きな滝にも関わらず、車を降りてからものの1分で滝の前に立つことができるという信じられないお手軽さ。

普通であればこれだけの大きな滝の滝壺・滝直下に行くためには少なからず苦労が伴うものなのだが。。。

圧倒的な落差、圧倒的な幅、圧倒的な水量、圧倒的なスケール、圧倒的な迫力を誇りながら、実にあっさりと滝の前に立つことができるお手軽さ。すべてが規格外の滝である。

また、滝壺は開けた空間になっていて極端な話し、少し立ち位置を変えただけでも滝の姿は一変する。

この大川の滝はいつまで観ていても飽きがこないのではないかと思える滝である。

滝マニアの心残り、大川の滝への想い

大川の滝は屋久島にある。屋久島に滞在できる時間は限られている。(おそらく大多数の旅人がそうであろう…)

本来であればこれだけの名瀑を前にしたならば、可能な限り「いついつまでも観ていたい」と思うのが滝マニアであり、どう少なく見積もっても3時間コースは固いところなのだが、限られた時間の中でしか観れない心残りからなのか、立ち去るのが非常に口惜しく、それがゆえにこの滝への想いをより一層強くさせているのであろうか。

大川の滝の魅力を伝えるのは非常に難しい。

大川の滝は88mの落差もさることながら、幅もそれと同じくらいあるのではないか?と思えるほどに幅広い滝である。滝に最接近するのは容易であるが、滝に最接近して写真を撮ろうとすると、滝の全景を写すことは無理である。

それどころが、実はこの大川の滝の滝壺は開けた空間になっているものの、それは横に長く開けているだけで奥行きはまったくないというほどに狭い(後ろはすぐに崖になっている)ため、滝の真っ正面から全景をおさめるのが普通のカメラでは無理である。

少し引いて撮れるカメラでも何とかギリギリ全景をおさめられるといった感じである。(しっかり全景をおさめようとするならば広角レンズは必須)

こうしたことからか?大川の滝は『大川の滝の魅力を余すところなく100%伝えきっている!』という写真にお目に掛かったことがない。

いずれにしても大川の滝の魅力は写真では決して伝わらない。

大川の滝の水量

屋久島は「1ヶ月に35日雨が降る」と言われるほどに雨が多いところである。このため滝の水量の増減が激しい。たった1日違うだけでも滝の表情が激変することが往々にしてあるのが、この大川の滝である。

四季折々の滝を巡る旅のトップページへ

四季折々の滝を巡る旅  

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です