松浦答の墓(平戸松浦家第14代当主)




松浦答の墓(平戸松浦家第14代当主)

平戸松浦家第14代当主・松浦答の墓(満福寺跡)。

答は弘安の役の際に鷹島に上陸した蒙古軍を迎撃壊滅させるための戦いで重傷を負ってここで自刃したという。

境内には答の墓と答と共に戦い、戦死した人々の墓標、五輪塔、宝筐印塔が無数にある。

所在地→長崎県松浦市鷹島町三里免(満福寺跡)

蒙古軍撃退の立役者たちの墓を訪ねるのトップページへ

蒙古軍撃退の立役者たちの墓を訪ねる(元寇・文永の役・弘安の役)

 

 

 

 

 

 

蒙古軍撃退の立役者たちの墓を訪ねるのトップページへ

蒙古軍撃退の立役者たちの墓を訪ねる(元寇・文永の役・弘安の役)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください