蒙古軍撃退の立役者たちの墓を訪ねる(元寇・文永の役・弘安の役)




蒙古軍撃退の立役者たちの墓を訪ねる(元寇・蒙古襲来・文永の役・弘安の役)

蒙古襲来(文永の役・弘安の役)という未曾有の国難に際し、祖国防衛のために命を投げ打って戦った救国の英雄たちをコツコツと訪ねては、手を合わせて頭をたれ目頭を熱くした記録。

「長崎県」

宗助(資)国の首塚 宗助(資)国の胴塚 宗助(資)国の手足塚
 平景隆の墓  少弐資時の墓  松浦答の墓
 対馬小太郎の墓  兵衛次郎の墓  宇久競の墓
 宗下野次郎の墓
(その1)
 宗下野次郎の墓
(その2)
 宗右衛門三郎の墓
 宗越前五郎の墓  宗甲斐六郎の墓

「福岡県」

少弐資能の墓 少弐景資の墓

「大分県」

 大友頼泰の墓  大友親時の墓
(その1)
大友親時の墓
(その2)

「熊本県」

竹崎季長の墓 赤星有隆の墓
大矢野氏の墓 相良頼俊の墓

「鹿児島県」

島津久経の墓
(その1)
島津忠宗の墓
(その1)
島津久経の墓
(その2)
島津忠宗の墓
(その2)

「愛媛県」

河野通有の墓 河野通時の墓

今では「かつて蒙古襲来という未曾有の国難に際し、祖国防衛のために命を投げ打って戦った武士たち」がいたことはまったく忘れ去られていますが、いつの日にか、そういった人々が大勢いたということを思い出してもらいたいものです。

末の世の 末の末まで 我が国は 万(よろず)の国に
すぐれたる国 (蒙古降伏祈願文)

「番外編」

元使塚

私のつたない情報収集能力では限界があるため、実は他にも蒙古襲来に際して祖国防衛のために命を投げ打って戦った方のお墓があるかも知れません。もしご存知の方がいらっしゃいましたら、是非ご教授いただけると幸いです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です