宗下野次郎の墓(その2)




宗下野次郎の墓(その2)

宗下野次郎盛忠(盛維)の墓。

宗氏家譜には文永の役で討死した将士の名が三十余名列記されていて、その中に宗を名乗る一族が十名いる。

元軍の軍船は九百艘とされ、対馬には全島が襲撃されたとの伝承があり、宗助(資)国の兄弟で佐護郡司だった下野次郎は文永の役から退却する帰途、略奪のために西泊湾に侵攻してきた蒙古軍を次男・上総介と共に南護志浦で迎え撃って討死したと伝えられている。

現在、下野次郎父子の墓は、他にも下野次郎の後裔とされる比田勝家の墓所内にもある。

所在地→長崎県対馬市上対馬町比田勝

蒙古軍撃退の立役者たちの墓を訪ねるのトップページへ

蒙古軍撃退の立役者たちの墓を訪ねる(元寇・文永の役・弘安の役)

元寇防塁のトップページへ

元寇防塁を訪ねる

元寇(蒙古襲来)の史跡マップ(地図)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください