​震災遺構の保存の賛否




震災遺構の保存の賛否

東日本大震災の震災遺構については『未来への教訓とするために保存するべき』という意見と『見るのがツラいので解体してほしい』という遺族や被災者との間で『保存か解体か』で意見が分かれるところである。

どちらが正しく、どちらが間違っているというものではないが、震災遺構の保存に関する賛否について主な意見を両論併記してみることとした。

『賛』

震災の脅威や教訓を後世に伝承し、記憶の風化を防ぐ。

震災の犠牲者の慰霊と鎮魂のため。

自然災害に対する危機意識や防災意識を醸成する。

復興のシンボルとなる。

『否』

見るのがツラい。

震災の辛く悲惨な記憶がよみがえる。

震災を思い出す。いつまでも忘れられない。

保存には維持管理コストが掛かる。

東日本大震災の震災遺構のトップページへ

東日本大震災の震災遺構を訪ねる

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です