西南学院大学内元寇防塁




西南学院大学内元寇防塁

西南学院大学内にある元寇防塁は同校の第1号館の新築にあたって検出された遺構である。

同校に隣接する西新地区元寇防塁と同様に2、4mの本体の両面を石積みで堅固に整え、中に粘土と砂を交互に詰められていた。

石積みは基底部をわずかに残すほどで保存状態は良くなかったが、石塁の南側に約1mの間隔をおいて幅1、5m、高さ1、3mほどの粘土と砂を交互に積み重ねた『土塁』が検出された。

元寇防塁の遺構で土塁が発見されたのはこれが初めてであり、この発見により、この付近の元寇防塁は石塁と土塁の二列構造になっていたという事実が明らかとなり、元寇防塁研究に新たな視点を提供する大きな成果であったといえる。

出土した土塁は東西長さ20mで土塁から見て北側(海岸線側)に並行して石塁の土台部分の石が所々に残っていたとのことである。

尚、同校から発掘された元寇防塁は調査の後、校舎の中庭に移築・復元されて一般公開されており、同校に申し出れば自由に見学することができるようになっている。

所在地→福岡県福岡市早良区西新6-2

元寇防塁のトップページへ

元寇防塁を訪ねる

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です