2018年10月

道の駅高田松原タピック45(東日本大震災の震災遺構)

道の駅高田松原タピック45 「道の駅高田松原」は国道45号沿いに整備された、4ヘクタールを越える敷地面積を誇る、東北随一の道の駅だった。 「タピック45」は、道の駅のシンボル施設として平成3年に建設されたもので、その特徴…

地行元寇防塁 

元寇防塁(地行地区) 地行地区の元寇防塁は博多湾岸のほぼ中央部に位置するが、発掘調査は実施されてなく、その構造や築造の分担国などはまだわかっていない。 指定された昭和前期には高まりが残っていたそうであるが…。 現在は、住…

パソコンデスクトップ全盛時代は遠くなりにけり

私は10数年前のパソコンデスクトップ全盛時代に『パソコン向けの個人ホームページを立ち上げ』、以来ずっと運営してきた。(当時はもちろんスマホやSNSなんてなかった。) マニアックなことばかりアップしていた私のホームページは…

北条高時腹切やぐら

北条高時腹切やぐら 北条高時腹切やぐら。元弘3(1333)年5月22日、新田義貞らの軍勢の鎌倉攻めにより、追い詰められた北条高時以下一族郎党870名余りは菩提寺である東勝寺に逃げ込み最後の一戦をしたものの敗れ去り、自ら寺…

即身仏のよもやま話

諏訪の仏法紹隆寺に即身仏があるとの情報があったので、早速お寺に問い合わせをしたところ、確かに以前入定した方がいて、入定したところも残っていたので発掘調査をしたらしい。 しかしながら、湿気の多い土地柄だったためか、骨となっ…