一直線にどこまでも「鳥居と道」が連なっている『浮羽稲荷神社』




一直線にどこまでも「鳥居と道」が連なっている『浮羽稲荷神社(天空の鳥居)』

浮羽稲荷神社は城ヶ鼻公園内の山の中腹に建つ神社で山の斜面には神社に向かって91基の鳥居が建ち並んでいる。

この山に沿ってどこまでも続いているかのような赤い鳥居を登り切って振り返ると、見晴らしのよい景色が一面に広がり、一直線に連なった鳥居を見ることができる。

さらにその先には「一直線に続く道」があり、その「一直線に続く道」の先には「うきは市の市街地(筑後平野)」が広がっている。

このように眼下に「うきは市の市街地(筑後平野)」に向かって「一直線に連なる鳥居」、「一直線に続く道」を一望することができる景観はまさに絶景である。

尚、この鳥居は91基設置されているそうで、とてもじゃないがそんなところを登って行くなんて無理!と思われるかも知れないが、実はこの絶景ポイントまでは車で登っていくことができ、且つ、駐車場まで設置されているので、とっても楽チンである。

駐車場は10台の車が停められるスペースがある。

また、浮羽稲荷神社の社殿はこの絶景ポイントからさらに鳥居を7基潜って登ったところにあるので、ここまで来たのならばせっかくなので、併せて参拝することをお勧めしたい。

この鳥居が91基の鳥居の一番最後の鳥居。

本殿。

帰り道。

ちなみに、例の鳥居が連なっているところを下から見てみるとこんな感じとなっている。

尚、91基の鳥居は、実のところ、一直線に立ち並んでいるわけではない。

ということで、面倒くさがらずに一番下からちゃんと階段を登ってみることにした。

ここがスタート地点。

ここで階段は一度右に折れる。

続いて階段は左に折れる。

この先が例の鳥居が一直線に連なっているところ。あとは登るのみ。

所在地→福岡県うきは市浮羽町流川1513-9

~おまけ~

私が訪ねた時は階段の横の雑草の草刈りがされていたので、せっかくなので、側面の斜面を登って横からこの一直線に続いている鳥居の写真を色々な角度から撮ってみた。

この大岩は何やら曰く付きなような気がしたが、特にこの大岩についての案内や説明などはされてなかった。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です